突然聞こえなくなった左耳 原因は突発性難聴

去年の春のことでした。対人関係のトラブルなどでストレスが重なっていた時、突然左耳が聞こえなくなってしまいました。正確に言うと、左耳の聴力だけが著しく低下し、左右の音のバランスが取れなくなってしまいました。

左耳の聴力に異常を感じる1週間ほど前から、不眠や頭痛、異様な肩こりなどの症状が次々に表れていました。元々気圧の変化に弱く、体調不良になることも多かったのでさほど気にすることもなく、何とかやり過ごそうと思っていた矢先のこと。突然、今までに感じたことのない耳詰まり感に襲われ、これはただ事ではないと直感し、すぐに近所の耳鼻科を受診することにしました。

診断の結果、突発性難聴と診断され即入院という運びになりました。あまりに急なことでこちらが驚いてしまい、何が何だかわからないままに紹介を受けた総合病院へ向かいました。移動した先の病院でも改めて聴力検査やMRIを受け、そのまま入院です。

2016-07-23_152537

先生の話では、突発性難聴になる直接的な原因というのは解明されておらず、ストレスが関係しているとのこと。思い返せば、いろんなことが重なり精神的にも身体的にも疲れがたまっていた時期だったので、その説明にも納得でした。

治療は内服薬と点滴で行われ、基本的に自由に過ごせました。とにかくストレスのある状況から離れ、静養する意味でも入院は必要だと言われました。

私の場合、幸いにも当時は仕事をしておらず家族の協力も得られたので、何も心配することなく入院ができました。

突発性難聴は、治療開始時期が遅くなると回復が難しいと言われているそうです。なぜなら、聴力は約1か月で固定化してしまうからです。私の場合は発症してから3日で病院を受診、即入院という経過だったので比較的早く治療をはじめられた方だと思います。

1週間の入院で、徐々に左耳の聴力が回復しているという実感が得られました。そして退院後、約1か月ほどで先生に完治と言われ本当に安堵したのを覚えています。

突発性難聴の患者さんの中には、後遺症が残ったり聴力が戻らなかったりする人も多いと聞きました。私は本当に運が良かっただけで、この病気はだれがいつ発症してもおかしくない病気です。耳に異常を感じたら、ぜひ早めの受診を心がけてください。

初期なら抗がん剤もなく手術も簡単 医学の進歩ってのは素晴らしいです。

2016-07-23_152219

最近何かと癌の特集や体験者の芸能人の話などをテレビでみます。癌は増えているんでしょうか。若くてもなるというイメージが最近は多いです。

かく言う私も30代で癌になった一人です。数は年配者より少ないとのことですが、やはり若くてもなる病気なんですね。しかも自覚症状も少ない癌もあり、特に若い人は油断していて発見も遅れる場合が多いとの事。私も早期の発見とはなりませんでした。痛みが出てから病院にいってまったく想定外に癌を告知されました。

結構告知はあっさりでしたね。私はそれが良かったと思っていますが、やはりそれが主流なんでしょうか。病棟もみんなそうで、皆さん知っている感じでしたが、それも良かった。治る見込みがあるってのも大きかったんだろうと思いますが病院にもよるんでしょうか。告知されてからの詳しい説明。そのための検査。全部納得済みで受けれました。

告知されるってことは癌がそれだけ昔より治りやすい病気になったんでしょうか。そう思えるようになったのは治療を開始してからです。まず私は大腸癌だったんでお尻からカメラを入れられたりとか即日入院でCTやレントゲンを何枚も撮られるとかやられた上で手術を受けました。手術もお腹を開けるか穴を開けて手術をするかどちらがいいかと自分で選択させてもらえました。どちらの手順もきちんと説明いただいて、手術を受けました。

初期ならポリープ切除だけなのでいいんですが、私は手術台にはじめて上って、その後2時間で手術が終わり、起きた時は全部終わってベッドの上でした。

痛いか?と言われると麻酔でさほどでもなくただ違和感があるという感じで痛くなったらボタンを押して麻酔をしてくださいと点滴の麻酔を挿されていたんでがんがん一日目はボタン押してたら耐えられないほどは痛くなかったで。ただそれがなくなると痛いんでめっちゃ押し捲っていましたが、三日くらいで外された記憶があります。それから数日でご飯食べれるようになっておならが出たら退院。そっからは通院での抗がん剤治療。

私は錠剤のみでの抗がん剤ですが(点滴も予定に入っていたんですがそれは私が副作用を考えて拒否)、その場合、さほど苦しく辛くはなかったです。だるかったですけど。日常生活を普通に送り、食事も好きに食べて。癌治療も随分楽に変わったのかなと思いました。まだ進行癌だったからでしょうか。イメージとして手術翌日くらいから歩くってイメージがなかった。

初期なら抗がん剤もなく手術も簡単で数日で帰っていく人を何人も見ました。自分もそれよりは重かったけど今は普通に暮らせてる。癌は重くなってしまうとこのようなことも言ってられませんが、幸い早く発見すればするほど体に楽にそして社会復帰も望める病気になったんだなって自分でそう思うようになりました。

たぶんこれから一生、癌のリスクと付き合っていかなきゃなんないのかなっと思いもありますが、ちゃんと検診して処置していけば結構生きれるんじゃないかと思えてきています。先のことは分からないけれど医療が進めば更に、長生きできるんじゃと思えるようになりました。ありがたいことだなって思います。

なんやかんやいっても健康が一番大事

2016-07-08_194517

自分や身の回りの人が病気をして初めて気づくのが “健康が一番大事” ということ。

当たり前のことなのに、間近に感じられる機会がないと思いが及ばないこともしばしばです。

病気や健康についての体験や知識について、書き述べていこうと思います。